未来のフリーランスの「当たり前」をつくること。

会計バンクGo Fintech
フリーランスを応援するパートナーが続々参画中 GMOクリエイターズネットワーク ROBOT PAYMENT(ロボットペイメント) 東京都信用金庫協会 信組情報サービス 新潟県信用金庫協会 日本美容フリーランス協会 一人親方労災保険組合 コワーキングスペースツナグ 株式会社サイバーエージェント INTLOOP株式会社 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ) 株式会社タイミー 株式会社 GO TODAY SHAiRE SALON ニッセイプラス少額短期保険株式会社

View All

MESSAGE

メッセージ

フリーランスに新しい出会いをすべてのフリーランスへ
新しい出会いを創造する
社会基盤をつくる

私たちは、68年前に創業した会計事務所を母体とする
ソリマチグループから生まれたフィンテックベンチャーです。

ServiceMore

Go Fintech

アバウト

会計バンクは、「FinTechを武器に新しい出会いを創造する産業別社会基盤の提供を通して、サステナブルな社会を実現する!」をミッションに、全国の中小企業・小規模事業者の皆様をFintechの力でサポートいたします。

フリーランスなのに、不自由?

フリーランス
なのに、不自由?

フリーランスとは本来、自由を手に入れるための仕事だ。

会社組織にいては叶わないような、
何ものにも束縛されない生き方や、ゆずれない夢を求めて
身ひとつ、社会に飛び立った人々のことだ。

実際、およそ7割のフリーランスの方が
「仕事をする時間や場所の自由度がある」と回答している。※1

ただその一方で、その自由な心に枷を付けるような事実が
あることにも、私たちは注目すべきだと思う。

9割以上もの人が「収入の不安定さ」に、
5割以上もの人が「社会保障」に不安を感じている。※2
さらに取引での立場の弱さ。体調管理のシビアさ。社会的信用の有無。
そして、10月からはじまったインボイス制度の負担。

フリーランスという肩書はいま、その自由なイメージの影で、
さまざまな「不自由」に縛られていることになる。

もっと具体的に言おう。つまり、
体調をくずしたら、翌月の暮らしがヤバい。
ローンが組みづらい。クレジットカードさえつくれない人もいる。
これからは特に、インボイスがしんどい。

フリーランスは現在、副業を含めれば日本に1500万人以上。※3
今後、より働き方の幅を広げるため、さらに増やしていく方針とも言われている。

この国の未来は、フリーランスにかかっているのだ。

技術と、熱量と、機動力を備え持つ超人材たち。
その「自由の力」を、いま埋もれている大きな可能性を
私たちは信じ、期待すべきだと思う。
職業としての地位や安定を、みんなで支えるべきだと思う。

たとえば会計の会社である我々は、
フリーランスの方のインボイス対応を支援するアプリやサービスを
できるかぎり無償に近い形で提供できる方法を探し、実現する。
また、企業の肩書がなくても、大きな組織勤めではなくても、
その人自身がまじめに積み上げてきた経済活動の歴史を信用保証に換える仕組みを、いつか完成させたいと考えている。

実態を変えていくのは大変だ。
ひとりではできない?なら、
チームで達成すればいい。
彼らを応援する輪は、いま然るべき場所で、意志ある人たちのあいだで、
ゆっくりと、しかし着実に、広がりはじめている。

もしかしたら会社員かもしれないあなたにも。
自由をねがう人が、自由に羽ばたける社会に変えていくための
この声は、必要だと思いませんか。

フリーランスという働き方に、ほんとうの自由を。

肩書ではなく、
人を信じる社会になろう。

※1※2出展:小規模企業白書2015(中小企業庁)※3出展【ランサーズ】新・フリーランス実態調査2021-2022年版

NewsNewsMore

Service

FinFinシリーズ

いますぐ無料で使ってみる

Recruit

世の中のためになることをやる

私たちは、今は「非常識」でも、将来の「常識」になる「非常識の常識」にチャレンジする会社です。
スモールビジネスのDXを促進し、時代を変革する立役者となる新たな仲間をお待ちしています。

CompanyMore

カンパニー

Menu